【WordPress】カテゴリー、ターム、タクソノミー ?WordPressの紛らわしい専門用語

【WordPress】カテゴリー、ターム、タクソノミー ?WordPressの紛らわしい専門用語

WordPressでカスタム投稿タイプを定義するときに、タームやタクソノミー という言葉が登場します。
しかし、カテゴリーやらタームやらタクソノミーやらいろんな専門用語が登場して(私は)ごっちゃになっています。

WordPressに限ったことではないですが、どんなことでも自分の中の感覚だけで制作を行うと、他人と話ができません。
自分だけでなく誰でも共通の言葉を共通に理解しないと、意見の交換ができないし、お客さんに説明するときもグダグダになることでしょう。

これらの用語の意味を調べ直したので、ここに書きます。

ここで登場するWordPress用語は以下の通りです。

  • 通常投稿
  • カスタムタクソノミー
  • カスタム投稿タイプ
  • カテゴリー
  • ターム

通常投稿は投稿タイプの一種

CMSであるWordPressの最大の特徴は、ブログ形式で誰でも簡単に記事を投稿できるところです。
しかし、投稿が増えてくるとそれらの記事を管理するのが大変です。
そんなときは各投稿をその内容によって分類します。

WordPressをインストールするとデフォルトで「投稿」のメニューを管理画面で見ることができます。
これを大きなくくりでいえば「投稿タイプ」とよばれるものです。

デフォルトの投稿タイプ

無理やり言えば、「投稿」という種類の記事をここに書いていくようなものです。

ただ、記事のタイプが「投稿」だけではわかりづらいし、「投稿」以外のいろんな分類を作って記事を分けたいものです。

そんなときは「投稿」という投稿タイプ以外に、自分で新しい投稿タイプを作ってしまえばいいのです。
自分で新しく作った投稿タイプを「カスタム投稿タイプ」と言います。

カスタム投稿タイプ

カスタム投稿タイプはfunctions.phpを編集することで簡単に作ることができますが、細かな設定まで行うには骨が折れる作業です。
そんなときはプラグインの「Custom Post Type UI」を使えば簡単です。
(ここではCustom Post Type UIの使い方は説明しません。)

カテゴリーはタクソノミーの一種

WordPressにデフォルトで存在する投稿タイプである「投稿」では、投稿した記事にカテゴリーを指定して記事の種類を分類することができます。
管理画面の「投稿」を選択すると「カテゴリー」と書かれたメニューが現れます。

投稿タイプの記事を分類する際に、その分類のことをタクソノミーいいます。
つまり、投稿タイプである「投稿」のには「カテゴリー」というタクソノミーがデフォルトで存在するということです。

 

投稿タイプを自分で新しく作ったものがカスタム投稿タイプだと上に書きました。
ということは、カスタム投稿タイプに属するタクソノミーも自分で作ることができます
これを「カスタムタクソノミー」と言います。

タクソノミーを細かく分類したものがターム

デフォルトで存在するタクソノミーの「カテゴリー」では、そのカテゴリーを細かく分類することができます
このブログであれば「WEBエンジニア」と「WordPress」を選択しています。

これを「ターム」といいます。

もちろんカスタムタクソノミーもカテゴリーのタームと同様に細かく分類できます。
ただ、「カスタムターム」なんて言葉は聞いたことがありません…。

まとめ

以上の話をまとめると以下のようになります。
(これって正しいのかなぁ…)

投稿タイプとタクソノミーとタームの違い

デフォルトの投稿タイプである「投稿」はfunctions.phpを編集して変更することができます。