【WordPress】GPLとは何か?GPLライセンスの基本

GPLライセンスとは?

独自のWEBページやプラグインなどのプログラムを作成してそれらを世に公開する際に、ライセンスをどう付与すればいいのかで私はかなりビクビクしています。

よく聞くのはMITライセンスですが、WordPressを使用する際はGPLライセンスの理解が必要になります。

 

GPLはWordPressに限らずのフリーのオープンソースソフトウェア(他にはGitやRedmineなど)の多くに付与されています。

フリーとは「自由」の意味であって「無料」の意味ではありません。

 

この記事では、WordPressの発展を支えてきたGPLライセンスについて説明します。

 

注意!!!
ライセンスの使用の際はその理解を深めることはとても重要です。この記事に書いてあることは私の理解の範囲のことであって、ここに書かれていることは正しくないまたは間違っていることかもしれません。不利益を被っても責任は取れません。ご自身で幅広く調べてもらうか専門家の意見を仰いでください。この記事の内容は「参考」程度に留めてください。

 

 

GPLが保証する4つの自由

あなたがWordPressで作られたサイトの管理人であれば、「ドメイン/wp-admin/freedoms.php」にアクセスすると、「自由について」というページが表示されます。

そこに書かれている「自由」は以下のとおりです。

GPLが保証する自由

  1. どんな目的に対しても、プログラムを実行すること。
  2. プログラムの動作を研究し、好みの仕様に変更すること。
  3. 再配布すること。
  4. 改変版の複製を他の人に頒布すること。

ものすごくシンプルに書かれていました。

以下に、各項目ずつ簡単な説明を加えます。

 

 

どんな目的に対しても、プログラムを実行すること

GPLが保証している「自由」の一つに「どんなユーザーでもプログラムを実行する自由がある」ということです。

「どんなユーザーでも」ということなので、もちろん私もあなたも、会社のような営利組織でも法律違反な闇の組織でも宗教団体でも、プログラムを使用する自由があります。

「プログラムを実行する」というのは、どんなユーザーがどんな主義主張をしてもライセンス違反にならない、とうことです。

 

 

プログラムの動作を研究し、好みの仕様に変更すること

どんなユーザーでも、ソースコードの中身を調べたり、書き換えて実行したりしてもいい」ということです。

ソースコードを見ることを禁止したり、見れたとしてもコードを書き換えたり追加したりを禁止する場合はライセンス違反です。

 

 

再配布すること

どんなユーザーでも、入手したソースコードを他の誰かに渡してもいい」ということです。

これはそのままの意味です。

「再配布」とは、第三者が著作権を有するプログラムのソースコードを別の第三者に渡すことです。

 

 

改変版の複製を他の人に頒布すること

どんなユーザーでも、WordPressを自分流に改造したソースコードを第三者に渡してもいい」ということです。

自分流に改造したソースコードを自分の好きな名前で渡すことができます。

「HogehogePress」ようにどんな名前でも構いません。

 

 

100%GPLとは

WordPressで作成されたWEBサイトやプラグインは、HTML、CSS、JavaScript、PHPなどの様々なプログラムで書かれたファイルがパッケージ化されています。

その中で一部のファイルにGPLを付与している状態を「スプリットライセンス」といいます。

対して、パッケージ化された全てのファイルにGPLが付与されている状態を「100%GPL」と呼んでいます。

 

ユーザーにとって100%GPLのほうが優しいでしょうが、どちらを採用するかは開発した人の自由です。

WordPress.orgは100%GPLを推奨しています。

 

 

コピーレフトの考え方

GPLの理解を深めるために重要な「コピーレフト」についてです。

 

コピーレフトとは、「GPLが付与されたソフトウェアを自分流に改造してそれを再配布する場合は、それにもGPLを付与しなければならない」とうことです。

 

WordPressはGPLなのでもちろん自由にカスタマイズできるのですが、それを再配布する際に第三者による改造や研究を制限してしまうかもしれません。

コピーレフトはそれを許しません。第三者に再配布するときもGPLでなければなりません。

GPLが付与されたソースコードが第三者に継続して渡されていくこの「自由」こそがWordPressの進化を支えている要因のひとつつです。

 

著作権を保証する「コピーライト」の対になる考え方であり、コピーライト(右)の反対(左)にあるので「コピーレフト」ということらしいです。

 

 

有料のテーマやプラグインがある理由

GPLが再配布を認めているとは言っても世の中には有料のテーマやプラグインが数多くあります。

GPLを詳しく調べる前の私は「思いっきり制限してんじゃん…!!!」と思っていたのですが、どうも話は違うようです。

 

GPLには「無料でなければならないという条件はない」とのことです。

答えが出てしまいましたが、もう少し説明します。

 

 

「販売」は「配布」に含まれる

有料で販売してもいいのですが、販売して渡すことは配布の意味に含まれるので、販売したものにGPLを付与する必要があり、ソースコードの改変や再配布の自由を認めなければなりません。

 

 

著作権の保護は?

たしかにWordPressのテーマやプラグインに対してそれらの作成者は著作権を有します。だから第三者が改造したり再配布することは禁止です。

しかし、WordPressの関連物にはGPLで配布する必要があるので、著作権はあるけど第三者による改造や再配布を許すことを認めなければなりません。

 

コピーレフトはコピーライトの対局と言いましたが、コピーレフトは著作権を放棄しているわけではないのです。

 

 

GPL違反の例

逆にどんな行為がGPL違反に当たるのかを調べてみます。

GPLに違反すること

  1. 目的の制限
  2. 回数の制限
  3. 改変の制限
  4. 再配布の制限

 

簡単に説明します。

 

目的の制限

「アダルトサイトや反社会的な目的には使用してはならない」、というような制限を設けてはなりません。

 

回数の制限

「ひとつのサイトでしか利用してはならない」、というような制限を設けてはなりません。

 

改変の制限

「このメタタグは外してはならない」、というような制限を設けてはなりません。

 

再配布の制限

「第三者に渡してはなりません」、というような制限を設けてはなりません。

 

 

「制限」という文字が並ぶとおり、ユーザーの自由を制限してはなりません。

ライセンスの表記も消してはならないとうことも大事です。

 

 

まとめ

GPLは、GPLが保証する自由を第三者が禁止したり制限したりできない、ということが基本です。

 

そして、GPLが付与されたファイルの再配布もそのまた再配布にもGPLが付与されます。

WordPressが発展していったことの理由の一つとして、将来的にGPLが受け継がれていくことが多くのユーザーの賛同を得ていると言えるでしょう。